Sign Design

サインデザイン

 

2016--

Project Client :

Poppins Co., Ltd

Architect:

ariadesign

Contractor  :

Nikken Activity Design Lab.

Photo :

Satoshi Nagare

location:

Tokyo

What are the activities of animals?

A wordless Educare Sign

 

 

The full size animals are not merely wall graphics. The activities of the animals  are “Educare”signs, where neither words nor verbal expression are needed.

Poppins Nursery School Ichigaya is an urban nursery school combining education and childcare (Education + Care = Educare) for children of 0 year old and older. The bright space includes the play area, a space with partition for a nap time, and small Educarecorners.

What kind of book should I pick?  The space where a guenon monkey is looking for a picture book is a book corner. The space where a rabbit runs away is a hide and seek corner. A lazy polar bear is taking a nap in a space where children can spend their time alone. The space with wood branches that little birds gather is a locker space where good-morning and goodbye greetings are exchanged. It is full of activities such as comparing heights with animals or having a footrace with animals taller than them. The design expresses our hope that children can enjoy the space and learn and grow while communicating with animals.

動物たちのアクティビティーは.

言葉のないエデュケア・サイン

 

 

原寸大の動物たちは、単なる壁面グラフィックではありません。動物たちのアクティビティーは、言葉に頼らない、言葉のないエデュケア・サインです。

ポピンズナーサリースクール市ヶ谷は、教育と保育を融合させた(エデュケーション+ケア=エデュケア)、0歳児からの都市型保育所です。子供たちのための明るい空間には、遊戯スペースや、お昼寝時間の間仕切り、小さなエデュケアコーナーが、隅々まで設えられました。

オナガザルがどれにしようかな?…と絵本を探しているのはブックコーナー。ぴょんぴょんウサギが駆けて行く先は…かくれんぼコーナー。のんびりシロクマがお昼寝しているのは…ひとりぼっちコーナー。小鳥たちが集まる木枝は、おはよう!さようなら!と声を掛合うロッカーコーナーです。自分の背丈より大きな動物と駆けっこをしたり、背比べをしたりなどアクティビティが満載です。子供たちが動物とコミュニケーションをとりながら、この空間を楽しみ、学習し、成長して欲しいという願いを込めデザインしました。