​千葉大学国際教養学部

College of Liberal Arts and Sciences

Sign Design

​サインデザイン

2018--

location;

Chiba/ Japan

 

Photo;

Tomohiro Sakashita

The Chiba University College of Liberal Arts and Sciences is a new faculty aiming to train global human resources with diverse values and perspectives while crossing existing disciplines. Since the base of the new faculty is an existing building in the Nishi Chiba campus, it was necessary to create a new space to foster new values.

The symbolic graphic with the world map is made of a collection of lines with slightly different angles and colors which shows diversity. There are no country borders.

At each floor, our main focus is led to one line. A single line that extends freely and powerfully represents one person and one sense of value. Overlapping and gathered lines shows a message that we can create with our hands a big world where various values exist and are embraced by each other.

千葉大学国際教養学部は、既存の学問分野を横断しながら、国際理解、多様な価値観、多元的な視点での思考力を備えたグローバル人材の養成を目指した新学部です。新学部の拠点は、西千葉キャンパス内の従来型の既存建物であったために、新学部の新しい価値観を育む新鮮な空間作りが求められました。

世界地図をモチーフとしたシンボルグラフィックは、多様な価値観、多元的な視点を表す、角度と色が少しずつ異なる「線の集合」です。国境はありません。階数を表す数字は、階ごとの専攻(メジャー)カラーを用いた「線の集合」。

フロアとフロアを繋ぐ階数室は、「線の集合」から「一本の線」にクローズアップしています。自由に、力強く伸びる一本の線が、一人の人間、一つの価値観を示しています。

一人の人間が一本の線。一つの価値観が一本の線。線と線が重なり、集合することで、多様な価値観を許容した「大きな世界」を私たちの手で作ってゆこう!というメッセージを込めてデザインしました。