​千葉大学西千葉キャンパス

Chiba University Nishi-chiba Campus

Sign Design

​サインデザイン

2017--

location;

Chiba / Japan

 

This project is planning for signs and colors that will become the basis of campus creation. Chiba University consists of four campuses (Inohana, Nishi Chiba, Matsudo, and Kashiwanoha) with twelve departments. Nishi Chiba Campus is the main campus of Chiba University which has the largest number of students, which also has kindergartens, elementary schools, and junior high schools inside it. Prior to other campuses, we renewed  the map graphic for the Nishi Chiba Campus. The map graphic in  in which the annular road, newly named “loop”, and the street dividing the center part into seven blocks can be easily viewed intuitively, with a mechanism where the top priority is on grasping the whole locations instantly, and then users can shift their attention to the next detailed information. This is an effect obtained by conceptually expressing the relative position rather than realistically expressing the building's actual location.
 

This a street sign where one street was picked up as a main focus from the whole campus map. The department color was used as the building symbol and expressing the people flow line inside the department building. By carefully examining the information to convey and effectively (but minimally) using an impressive department color, it became a youthful and light design suitable for a university. The color system, which represents that campuses and twelve departments respect each other and better coexist, was desired. The twelve department colors aimed to become a familiar color identity and were gave the name from classical Japanese words that represent nature such as sora(sky), umi(ocean), mori(forest), wakakusa(young grass), and sumire(violet).

千葉大学は、四つのキャンパス(亥鼻キャンパス、松戸キャンパス、柏の葉キャンパス、西千葉キャンパス)の中に、十二の学部で構成されています。このプロジェクトは、大学として包括的な、かつ、キャンパスづくりの基軸となるサインとカラーの計画です。

十二の学部には、それぞれイメージカラーを設定しました。これまでにも、独自のカラーを採用、展開しているキャンパスや学部はありましたが、四つのキャンパス、十二の学部が、尊重しあって、より良い共存できるようなカラーシステムが望まれていました。十二学部の十二色は、そら、うみ、もり、わかくさ、すみれ、などの自然を表す大和言葉の名前を付けることで、親しみやすいカラーアイデンティティーとしました。

西千葉キャンパスは、四つのキャンパスの中で最も学部数が多く、幼稚園、小・中学校を内包したメインキャンパスです。学部カラーを効果的に用いて、キャンパスマップのリニューアルデザインを行いました。

キャンパスを囲む外周車路と、中心部を囲み、かつ、中心部を七つのブロックに分割する車路のイメージ(画像)が感覚的に伝わるように、仕掛けています。瞬間的に全体を把握でき、次の詳細な情報へ、スムーズに意識を移行できるような仕掛けです。これは、目的地の建物をリアルに表現するよりも、相対的な位置関係を的確に伝える手法です。おおよそ、一ブロックに一学部が配置されていますが、学部内の繋がりをわかりやすく表現するために、校舎のナンバーリングに加え学部内動線を学部カラーで表しています。伝える情報を吟味し、学部カラーを効果的(最小限)に用いることで、大学らしい若々しく軽やかなデザインとなりました。