千葉大学サテライトキャンパス美浜

Chiba University Satellite Campus Mihama

Sign Design

​サインデザイン

2017--

location;

Chiba / Japan

 

Takahama Daini Elementary School opened in the Kaihin New Town of Mihama Ward, Chiba in 1979. However, the sight of children is no longer to be seen since the school consolidation in 2012. Under these circumstances, Chiba University launched a project, called the “Chiba University Satellite Campus Mihama”. This is a project to revive a closed school building to a campus as a place for citizens and college where students can think about the challenges they face in the community. サテキャン(“Satecam”) is a nickname of the project that has emerged from the people’s voices. 

The Kaihin New Town is an area of land created on landfill placed in Tokyo Bay. The sign design was aimed to be an image of a sailing ship, a symbol for the action toward challenges for the new area revitalization, like a ship sailing in the ocean receiving the sea’sbreeze. 
Everything is at the start line for the new-born, Satecam. The ideas of all the participants will create Satecam. Inside the building, you can see the simplified and flexible signs, such as paper signboards hanging with piano wire, no-entry sign on the tape winded up the stool of the workshop room. Walls, fire hydrants, and shoe cupboards were all painted white. The campus will be created as if drawing the future inside it.

高浜第二小学校は、1979年、千葉市美浜区の海浜ニュータウンに造られましたが、33年後の2012年、統廃合によって子供達の姿は消えてしまいました。

千葉大学は、地域が抱える課題を市民と大学生が一緒に考える場として、廃校小学校をキャンパスへ再生させるプロジェクト「千葉大学サテライトキャンパス美浜」をスタートさせました。「サテキャン」とは、千葉市、地域の人々、学生達の声から沸き起こったプロジェクトのニックネームです。

「サテキャン」のサインデザインは、帆船の帆をイメージしました。海浜ニュータウンは、東京湾岸の埋立てによって造成された土地です。海風を受けながら、大海原に出航する帆船のように、立場の異なる人々が、新たな地域活性化に向けてチャレンジしてゆくシンボルとなることを目指しました。

生まれたての「サテキャン」は、全てがスタートラインです。運営、イベント、カリキュラムなど、決まりごとは何もありません。参加する全ての人のアイデアで「サテキャン」が作られてゆきます。

そんな「サテキャン」のインテリアサインは、ペーパーボードをピアノ線で吊っただけの極めて単純なサインを計画しました。簡単な作業で、制作、取付可能なフレキシブルなサインです。 壁、消火栓、靴箱も、真っ白くペンキを塗り、文字通り、未来を描く”キャンパス”作りをおこないました。